2010年12月31日金曜日

ひでおと素子の愛の交換日記

ひでおと素子の愛の交換日記 復刻
懐かしい響きがあります。
吾妻ひでお「失踪日記」は
一度、売ったものの再び、読みたくなり
古本屋で均一棚で見つけ購入
手放しても読みたくなる本です。
ひでおと素子の愛の交換日記 (角川文庫)

ひでおと素子の愛の交換日記 (角川文庫)


2010年12月13日月曜日

日本思想史入門

日本思想史入門
ぱらぱらと中身を見ると「説教集」の項目が
これは、買いでしょ。
均一本 105円也
日本思想史入門

2010年12月7日火曜日

やってしまった。同じ本「塩壷の匙」を買ってしまった。

今日は何時もと違う系統のバスに乗り
ひとつ先の駅にある。
古本屋まで行って見ました。
店内を一通りながめ、均一本のコーナーから
取り出した本は、僕の好きな車谷長吉
買ったか、買わなかった?
105円の均一本、買わないで後悔するよりもと購入
塩壷の匙  単行本
家に帰り、1ページ目を。。。読むと、読んでいました。

車谷長吉











視力が衰えて来たので大きな字の単行本が
欲しかったと強がりを言います。

塩壷の匙 (新潮文庫)

塩壷の匙 (新潮文庫)

「二階ぞめき」

「古本生活読本」 岡崎 武志 を電車の中で
読んでいると面白い記述が
「二階ぞめき」
吉原好きのせがれの為に家の二階に
吉原を作る話。。。
志ん生の話とな。。。家に帰って棚を見ると
ありました。
さらーっと、読んでみます。

志ん生艶ばなし―志ん生の噺〈2〉 (ちくま文庫)

志ん生艶ばなし―志ん生の噺〈2〉 (ちくま文庫)

2010年11月29日月曜日

「古本生活読本」 岡崎 武志

「古本生活読本」 岡崎 武志 を
古本屋で見つける値段も均一本の105円
雑司が谷 みちくさ市でお見かけするので内容が楽しみです。
古本生活読本 (ちくま文庫)

古本生活読本 (ちくま文庫)

久しぶりに成増のブックオフに行く
恐ろしいカゴが置かれピコピコ
カゴで本が見れません。
一カゴ、一カゴ、清算するか、邪魔にならない位置に移動して欲しい。
誰も注意できないのは。。。怖いからかな。。。

2010年10月24日日曜日

八日目の蝉/角田 光代

八日目の蝉/角田 光代
NHKドラマを見ていました。
良いドラマで原作を読んでみたいと思っていましたが
古本屋ででていましたので即、購入
小説として、読んでみようと思います。

八日目の蝉

八日目の蝉

八日目の蝉 DVD-BOX

八日目の蝉 DVD-BOX

荒地の恋 /ねじめ 正一

荒地の恋 /ねじめ 正一
読んで見たかった1冊を古本屋で見つけました。
帯を見ると「田村隆一」「北村太郎」の文字が
好きな詩人です。
「田村隆一」は十代後半から二十代まで
古本屋を探し回っていました。
懐かしい、思い出の多い詩人です。
今回は単行本で購入しましたが文庫もでています。

荒地の恋

荒地の恋

2010年10月23日土曜日

最近、本売りは消極的?

先月は購入した本、雑誌は6冊、今月は13冊
読む本しか買わなくなって来ています。
うう、そんな時期なのかな、毎週、図書館に通っています。
図書館が民間委託してから面白くなっています。
お薦めの本がしゃれていて楽しい。
神田神保町古書街2011 (毎日ムック)

神田神保町古書街2011 (毎日ムック)

2010年9月13日月曜日

書店ポップ術 グッドセラー死闘篇

書店ポップ術 グッドセラー死闘篇

図書館で棚に飾られてありました。
図書館、民間に委託されてから
どんどん、対応、図書館の様子が変わります。
民営化は、こんな所では賛成です。
さて、飾られている本を見て
一瞬で、ぐっと来て借りて来ました。
そうそう、興味のある作家から
読み始めました。
感想ではない、呼び込み、うまいな?
理由ずけもしっかりしているし。
これからは本屋に行って、ぐぐっと、読んで見ます。
案外、意識して見てないものが意識していたのかも知れません。


2010年6月29日火曜日

Harley-Davidson: A Love Affair

邪魔に成ってきた写真集を
アマゾンに出品中ですが
その中に

Harley-Davidson: A Love Affair

Harley-Davidson: A Love Affair

やはり、格好がいい。
もう、暫く、ながめてみます。
これでは、処分が進みません。

2010年6月28日月曜日

廃棄本の行く末

置いてあった本がなくなっていました。
資源ごみとしてだした。
廃棄本は、どこに行ったのか?
困るのはバラバラにし放置されること
今回はダンボールは残っていましたが
本は回収前に全滅していました。


2010年6月26日土曜日

古本の廃棄

最近、再び、アマゾンに本をだしています。
今月は売れたのは4冊だからいらない本の処分です。
イタミの激しい本をどうしようか迷う
アマゾンでは古書(500円程度)ですがキレやよごれ
貴重本でもないし
本日、雑誌とともに資源ごみにします。
本を売っていて、やはり、楽しい。
ちょっと、がんばってみよう。

2010年6月20日日曜日

「昭和出版残侠伝」嵐山光三郎

「昭和出版残侠伝」嵐山光三郎
好きな作者さんで読むと楽しいです。
考えて見ると病院で読んでいることが多い気がします。
なんでだろうか?

昭和出版残侠伝 (ちくま文庫)

昭和出版残侠伝 (ちくま文庫)


2010年6月12日土曜日

「恋の万葉・東歌」高橋 順子

「恋の万葉・東歌」高橋 順子
要町ブックオフに久しぶりに
行く数ヶ月ぶりだろうか。
最近、動き回るのがおっくうになりはじめている。
いつもの通り、均一本から見てまわる。
単行本、小説、ありふれているし欲しいものがない
詩、短歌のコーナーが以前と違い外国文学のコーナーに
詩、短歌、嫌いでないので毎回、楽しみに見る。
これは10代から20代前半に書けて詩を書き、読み
好きな詩人の詩集を探し回ったからだろう
そんななか、高橋順子の本を発見
車谷長吉に興味がある
僕にとっては、うれしい。
久しぶりにいい本が買えました。
普通の古本コーナーで好きな写真、工作を見るもなし
雑誌のコーナーでパソコン、オーディオ関係を見て
そのなかから気になった本を2冊を選び
文庫、小説、料理関係を見るも
値段と欲しいと言う欲望のバランスが悪かったのか
3冊を持ってレジに

恋の万葉・東歌  高橋 順子


2010年6月9日水曜日

本屋さんに行きたい

本屋さんに行きたい
もう、読んでしまったのと言うくらい
文章が少ないです。
楽しい事は時間が経つのは早く感じるのは確かな事ですが
ちょっと、内容はスカスカかな、店だけで
なかなか、文章を足すことはできないだろうから
こんなものなのかも知れない。
店主の話とか、おすすめの本を具体的に書いてくれると
もっと身近に感じるのだけど
写真だけ見て、楽しい、楽しいと
言うだけでは、悲しい感じがする。
インテリアに本がという感じだろうか?
興味のある人は本屋で手にとって見るのがいいだろう
店に興味にある人は、この本屋で
どのくらい売り上げがあるのだろうか考えてしまう。
本の単価が高いのか、家賃がないのか?
どうも半分?の店が、僕にとっては居心地がよくない
僕の読みたい本は、ここにはないような気がする。
すまん。

本屋さんに行きたい

本屋さんに行きたい


2010年6月5日土曜日

本を読んでいたら、思わず、引いてしまった。

本を読んでいると
そう、52ページ目、面白くなり始めてくる段階
虫がつぶされていました。
それも、こハエ、一気に引いてしまい
虫をちり紙でとり
ページに栞をし
ページを閉じました。
さて、この本は縁がなかったかとあきらめるか?
朝のTV、占いでは今日の運勢は最下位だったことを思い出す。
誰が、この本で虫を挟みつぶしたかでなく
この人は潰して続きをよんだのか?
それとも読み終わって潰したのか?
偶然の出来事だったのか?


2010年5月21日金曜日

ダンボールの中身は...

最近、気持ちが減退ぎみで
まとまった本が読めない。
短編、エッセイ、漢詩を時間と時間の間によんでいる。
気楽に読めて、ちょっと、面白いて感じで、過ごしています。
そんな事で、本もあまり買わずにいます。
引っ越して来たときから手をつけてなかった本のダンボールをあけ
ここまで、あけなかったのだからアマゾンでも売ろうと
あけて見ると面白い本がでてきて
それでも、見もしなかったのだからと
3分の2ほどを選別してみましたが
どうなんだろう、大半、古書(アマゾンの扱い)ですので難しいか?

2010年4月25日日曜日

「黒澤明の世界」佐藤 忠男

久しぶりに古本屋で本を購入
ブックオフで購入したのですが
料理コーナーで圧力鍋の本を見つける。
300円ならと思うも、どうするか悩みつつ
他の文庫のコーナーを見ていると
なんと、セールで雑誌が半額、これなら予算内
料理コーナーに戻ると携帯を持った人がカゴに本を
何冊も入れている最中、その中になんと
欲しかった本が、もう、少し、早く半額を知れば残念
半額なら柴田の料理本も欲しかった。

黒澤明の世界
佐藤 忠男 を購入


2010年4月11日日曜日

井上ひさしさん亡くなる

井上ひさしさんが9日に亡くなっていました。
幼稚園の頃は「ひょっこりひょうたん島」に夢中になり
高校生の頃は「モッキンポット師の後始末」に笑い転げ
本にドラマに夢中に成った作家さんでした。

モッキンポット師の後始末 (講談社文庫)

モッキンポット師の後始末 (講談社文庫)

國語元年 DVD-BOX

國語元年 DVD-BOX

復刻版 ひょっこりひょうたん島 海賊の巻+魔女リカの巻 DVD-BOX

復刻版 ひょっこりひょうたん島 海賊の巻+魔女リカの巻 DVD-BOX

2010年4月10日土曜日

ドナルド・キーン 「日本人の戦争 作家の日記を読む」

時間調整で図書館に入ると
玄関にリサイクル雑誌がでていました。
面白い雑誌はないかと見ていると
「文学界」にドナルド・キーンの文字が
内容は「日本人の戦争 作家の日記を読む」
これは、いい、もらって行く事に
ドナルド・キーンを知ったのは
日本文学を読む (新潮選書)1977 を
当時、読み、安部公房をはじめ多くの作家を読む
きっかけになった本です。

雑誌から単行本に成っていました。
頂いた雑誌ですが本屋にあってもいい程度に
綺麗です。
読まれてないのかな...

日本人の戦争―作家の日記を読む

日本人の戦争―作家の日記を読む

何もなし

最近、古本屋に行っても買う本がない
面白い、面白そうな本がない
ノートを見ると
3/19から古本を買ってない事に
こんなに長い事
本を買わないのは人生ではじめてかも知れない。


2010年3月25日木曜日

「シューシャインボーイ」テレビ東京、ドラマを見る

「シューシャインボーイ」テレビ東京を見る。
久しぶりにいいドラマを見た気がしている。
新宿のガード下がでてくる。
小さい頃を思い出す。
よく、つれられて新宿から
ちんちん電車に乗って
四谷のおばちゃんの家に遊びに行っていた。
ガード下の
匂いや空気
記憶がよみがえってくる。

本棚から
「月島慕情」浅田次郎の本を
引っ張り出して読み返しています。
「シューシャインボーイ」が収録

ばあちゃんはドラマを見ながら
ふと、高田馬場の泥が積みあがっていたな?と
それだけ

月島慕情 (文春文庫)

 月島慕情 (文春文庫)


2010年3月21日日曜日

前野町ブックオフ

近くのホームセンターに
買い物に行った序に前野町ブックオフへ
単行本、新書、文庫、雑誌と見ましたが何もなし
本当に興味がわく本が1冊もない
気分転換に
山本直樹 を2冊、購入
好きな漫画家なんで、これでよし。


2010年3月13日土曜日

図書館のリサイクル資料

24時間、スーパーに買い物に行き
序に他のスーパーに行くと開店は9時半から
時間が少しあったので近くの図書館に
すると図書館に入った所に除籍本が置かれ
本を選んでいる若い人が...
そんななかから車谷長吉「史伝 柿本人麿」を発見!
「文学界」文藝春秋 2008年2月
お導きだったのか?
図書館のリサイクル本にあうのは数年ぶり
これは、うれしかった。
パラパラと見ると本の紹介に
「小栗往還記」松本徹 文藝春秋
小栗、好きですので興味が、探して見ます。

文学界 2008年 08月号 [雑誌]

 文学界 2008年 08月号 [雑誌]

2010年3月2日火曜日

岩波文庫解説総目録

10代の頃、僕は文庫版の解説目録を見ながら
読んだ本、これから読みたい本をチェックしては
ニタニタとしていました。
何時からか、そんな事をしなくなってしまったのか?
本棚に「岩波文庫総目録―1927-1987」があったので
その頃だろうと思う。
この本は当時、予約して買ったのですが
内容を見てがっかりした事を覚えています。
タイトルばかりで解説の部分がなかったからです。
何を、読もうかの重用な指標になっていたからだと思います。
帯には創刊60年記念 4360点とあります。

今回、古本屋で文庫、全3巻がばらで売られていました。
内容を見ると上中の2冊は解説が載り
これを見るだけでも楽しめます。
下巻はタイトル、作者...
下巻をはずし、上下の2冊を買うか一瞬、迷いましたが
下巻は安かったので全3巻を購入
上下巻は調べたのかカバーの背に折れ目がありますが
本文は綺麗です。
時々、眺めてはニタニタする事ができそうです。
背の折れ目は前の持ち主もニタニタしたのだろうか。

岩波文庫解説総目録 全3冊セット

セットは函付き

岩波文庫解説総目録1927‐1996〈上〉

 岩波文庫解説総目録1927‐1996〈上〉

岩波文庫解説総目録1927‐1996〈中〉

 岩波文庫解説総目録1927‐1996〈中〉


『魔の山』トーマス・マン

『魔の山』トーマス・マン
先日、古本屋で新潮文庫でしたが
上巻だけがあり、どうするか、考えましたが
下巻を探すのが面倒だなと思い気になっていました。
今回は岩波文庫、上下巻が
そろっていました。
解説を読み、本文をパラパラと
すると線引き、書き込みが、若い頃、自分自身も書き込みをしながら
読んでいた頃を思い出しましたが
どんな書き込みをしているか
ほんの少し、興味がありましたが
購入をせずに帰りました。
懐かしい本であります。

魔の山〈上〉 (岩波文庫)

 魔の山〈上〉 (岩波文庫)

魔の山 (上巻) (新潮文庫)

 魔の山 (上巻) (新潮文庫)


郵便物の不着

郵便局で荷物をだしていると
前の親子ずれが怒りだしていました。
それは郵便物がなくなくなり
補償できないと言うもの局員も書留でないと対応できないと
怒りながら郵便局を出てきました。
この荷物はちゃんと届くのだろうか?


2010年3月1日月曜日

電子レンジでガラス胎七宝、電子レンジで銀七宝

先日、買った「家庭七宝」が楽しく
図書館に行って七宝の本を調べていました。
その中から比較的、新しく、分かりやすそうな

電子レンジで銀七宝 (たのしい七宝焼-How to cloisonne- (5))

電子レンジで銀七宝 (たのしい七宝焼-How to cloisonne- (5))

電子レンジでガラス胎七宝 (たのしい七宝焼-How to cloisonne- (4))

 電子レンジでガラス胎七宝 (たのしい七宝焼-How to cloisonne- (4))

2冊を借りてきましたが
先回の本のようなときめきが起きません。
と言う事で図書館に返却し
他の本を調べ予約して来ました。
本が届くのが楽しみです!




何、この音は

小さな小さなブックオフでは
携帯を使ってピーピーしている人はあまり見かけないのですが
本日、端末を右手首に付け
棚から本を引き出しては左手でもった
スキャナーでピー、ピーと...
時々、なんだろうと?この音は...
ちらっと音が気になり見ると
どうも、買う本があるとお知らせしてくれているみたいで
カゴの中へ
この光景を見て、もう、僕は
本棚から、もう、面白い本はないから
帰った本がいいよ。
今日はもう、おしまい。
そんな心待ちに成りましたので
早々、店を出て行きました。
なんか、つまらない。
ここまで来ると
古本屋には似つかわしくないと思うのは
僕だけだろうか?

2010年2月23日火曜日

「昭和夢草紙」滝田ゆう

昭和夢草紙 (ちくま文庫)

ブックオフで買う
表紙(カバー)がひどいシールをはがし損ねたのか
はげがあったりシールでベトベト
ブックオフ、値札シールも良いけど
一部、色がはげたりするもは違う方法で値段はつけられないのか?
家に帰りベタベタをとりのぞき、クラフト紙でカバーを付けてる。
持った時に違和感があったのですが他の本とカバーをはいで重ねた時
本が一回り小さい、この本は何回、研磨されているのだろうか?
イタミの原因はブックオフ?

2010年2月22日月曜日

要町、十条、ブックオフ

昼前のスーパーに買い物の行きましたので
序に要町ブックオフに
一瞬は池袋に行こうかと思ったものの
駐輪場から離れているのでパス、近くに駐輪場があると便利なんですけど
雑誌、単行本、文庫の順に見るも買いたい本がない
相変わらずいい年の人がカゴを足で移動させながら本をカゴに叩きこんでいる。
いい感じのものではない。
漫画コーナーも見てみましたが読みたい本を見つける事が出来ず
帰る事に

十条ブックオフ
自転車の修理をしたので試し運転で夕方、十条ブックオフへ
単行本、文庫本、買い物がなかったものの
雑誌、コーナーで、古い本を見つける
イタミが目立つので105円なのか?
昭和55年発行、今までのブックオフでは置かれていなかった感じの本
どうするか一瞬、思ったものの105円で、なんで買わなかったと
思うのもいやですので...購入
「手軽に楽しめる 家庭七宝」 三浦明子
家に帰り、ながめていますが、やはり、買ってよかったです。
美しく、自分でも作って見たいと思う気持ちがひしひしと沸きます。
趣味の工作本は、この気持ちが沸くのが大切ですね!

2010年2月21日日曜日

光が丘、古本市場、ブックオフ

用事があり光が丘まで行ったので
古本市場
CD、DVDのコナーを見ようか迷うも
最近、気落ちしていて音楽を聴く気も映画を見る気力が起きない
本のコーナーに単行、何もなし、文庫を比較的多いので
さーつと見るも読みたいと思う本がない
この後、ブックオフにも寄りたいので
無理して買うこともないだろうと店をでて用事を済ます。

光が丘ブックオフ
3週間ぶり位だろうか?
本の配置が換わり、眺めて行きましたが
ここも何も買う本がない。
中学生くらいの女の子が携帯を使って
本(辞書)を調べながら選んでいました。
便利な世の中に成ったものだと思いつつ
単行本、文庫、雑誌を見たものの買いたい本がない
単行本、105円均一本はなんか、質が下がった感じがしつつ
店をでる。
結局、2件で0冊

2010年2月15日月曜日

読書という体験 (岩波文庫)

読書という体験 (岩波文庫)

読書という体験 (岩波文庫)

久しぶりにブックオフへ
ひとつひとつが短いので合間、合間に
読むのに向いています。
早速、書いている作者のプロフィールを読む
みんな高学歴だと驚く
手始めにとぱらっと見て最後から読む
「たけくらべ」東京空襲の言葉に引かれたからです。

2010年2月10日水曜日

立松和平さん亡くなる

立松和平さん亡くなる
青春のひと時、読んでいた作家です
ひとつ、自分のなかで、終わったと感じます。

2010年2月4日木曜日

艶笑、艶ばなし 落語

久しぶりにブックオフでお買い物
最近、気力がなく元気もないので
気分転換にでもなればいいと。
なぜか、ここ数日、昔に読んだ
夏目漱石の作品(草枕、心)が気になる。
本棚を見ると本の堤防の向こうだと気づく
堤防となっている本やレコードをどかす気力がない
図書館で借りて読もうか。

志ん生艶ばなし―志ん生の噺〈2〉 (ちくま文庫)

志ん生艶ばなし―志ん生の噺〈2〉 (ちくま文庫)

定本 艶笑落語〈1〉艶笑小咄傑作選 (ちくま文庫)

定本 艶笑落語〈1〉艶笑小咄傑作選 (ちくま文庫)

2010年1月28日木曜日

古本市場

久しぶりに古本市場に行く
個人的にだけど何も買う本がない。
結局、あーだ、こーどと考えて

贋世捨人 (文春文庫)

贋世捨人 (文春文庫)

220円で買う。
レジにてポイントカードを出すと
古いポイントは6ヶ月以上経過しているので使えませんと
そんな事をネットで見たな?と思うつつ
「はい」と清算
帰りにブックオフを2店、行くも
結局、何も買う本、読みたい本もなく
帰宅く

2010年1月17日日曜日

池袋要町店、目白駅前店ブックオフ

昨日、要町で買わずに来たが
気になっている雑誌が1冊
10年以上前の雑誌で700円で躊躇したのだが
駄目だ欲しくなり、10時ちょいに家をででて要町ブックオフへ
着くと、驚き、数人の人がカゴに雑誌、本を大量に入れ
ピコピコしたり、選んでいる。
多分、もう、駄目だろうと
昨日、あった場所を探すもない。
この中の誰かが買ったとのだろうかと
棚を見ていると発見!
やった。
買えました。
レジに雑誌、1冊を持って行くと
350円です。
半額に成りますと。
雑誌半額セールと言う事で雑誌のコーナーに人が多くいたのですね。
しかし、2カゴ、3カゴは?どうやって
もって帰るのだろうか?

目当ての雑誌が買えたこともあり
久しぶりに目白のブックオフへ
自転車で10分程度だろうか?
店に着くと工事中
おそろ、おそろ、店内に
単行本、文庫、新書、雑誌と見るも
興味を引く本がない。
ここまで来たので、何かないかと思うものの
仕方がない。
先ほど買った雑誌を小脇に抱え帰途へ
途中、八百屋でお買い物をし
12時前に家に着く

2010年1月16日土曜日

池袋ブックオフへ

駐輪場に自転車を停め
池袋ブックオフへ
何冊か、面白い本を手に取り選んで行く
手に持つのも限界になりカゴに本を入れて
本選び、当初、どうするか迷う本も
どんどん、入れて行こう
後で選別しようと。
結局、11冊になった所で終了し
どうするか考えた本を再度、考える
判断、基準は読みたいか、読みたくないか
で、3冊を除外する。
除外した3冊を見ると同じ分類の本
家で見てみるとアマゾンで750円位
どうだったんだろうね!
買った本を見ると売れそうにない
古典、どうも、弱い分野があり。
学のない自分は名作なんて書いてあると
うんと、うなって、ご丁寧な仕草でお買い上げ
こんな本は、アマゾンでは安い。
いい本なんだからいいだろうでは
古本を売りたいないて考えているいけない。
結局、8冊、購入
2Fのコーナーで雑誌、パソコン関係を見るも高い?
先回、見た本の値段が上がっていた。
安い値段の上に高い値段が貼られ
それが、見えてしまう。
なんか、雑誌の値段が高い。
結局、値段と折り合わない。
駐輪場に向かいながら
このまま、家に帰るか?
雑誌で何も買えなかったのが心残りだったのか
要町ブックオフへ
何もなし、結局、何も買うものもなく
そのまま、帰る事に...く

2010年1月14日木曜日

「ネット古本屋になろう! 無店舗で勝ち残れ!」 河野 真

ネット古本屋になろう!―無店舗で勝ち残れ!

ネット古本屋になろう!―無店舗で勝ち残れ!

図書館から借りてきました。
読み始めたはかりですが楽しい。
定番的は本の作りですが
ネット古本屋さんの体験談が先頭にあり
導入部がいい。
体験談も好きなこと、思い入れが文章から伝わり
引き込まれます。
まだ、3分の1程度しか読んでいませんが
これから一気に読んでしまうことでしょう。

アマゾンマーケットプレイスでおこづかいっ!古本屋やろうよ

アマゾンマーケットプレイスでおこづかいっ!古本屋やろうよ
舟橋 武志

2010年1月9日土曜日

本の転落

ブックオフに行く
500円で店独自のくじが引けると言うことで
ああだ、こうだ、考えて525円分、本を買う。

小説 おしん〈上〉

小説 おしん〈上〉
小説・おしん〈下〉

60年代のエッセイ、パソコンの本
くじは50円券
500円分、本を買ったのは得だったのか
損だったのか?「おしん」は読みたかったし..
店をでて自転車の荷台に本を載せ
自転車のスタンドを倒したと同時に本が
道路へと落下、角から落ちたので角が押しつぶされていました。
それも、読みたかった「おしん」
なんで、カゴに入れてスタンドを倒さなかったのだろう。

2010年1月4日月曜日

ブックオフでくじ引き

今年、初めてブックオフへ行って来ました。
何時もと変わらぬ光景でしたが
1000円でくじ引きができると言う事で
少し、気張って本を選び
面白そうな本を800円、選んだものの
残り200円が見つからない。
漫画のコーナーで面白い本がないか
探すも程よい本が見つからない。
結局、選んだのは料理の本
いざ、くじ引き 50円 1枚
店独自なのか、ガラガラを2回 50円×2
今年の運はどうだったのだろうか?