2014年1月29日水曜日

杉浦日向子の江戸塾 特別編 杉浦日向子



杉浦日向子の江戸塾 特別編

江戸っていいな?

為永春水

人が暮らすのに、たいしたものは要らないと思うんです。
入院してみるとわかりますが、小さいロッカー一つで、ひと月でも平気だし...
もっと、シンプルに暮らせるはずなのに、 引用
本当に、そうだよな。

2014年1月25日土曜日

NHK新落語名人選 五代目 三遊亭円楽 「目黒のさんま」「たらちね」「三年目」



NHK新落語名人選 五代目 三遊亭円楽 「目黒のさんま」「たらちね」「三年目」

同じ落語を繰り返し3度も聴きました。
面白い、楽しい。
単純なのがいいです。
ばあちゃんも何度も繰り返し聴いていました。


立川談志ひとり会 落語CD全集 第21集「馬の田楽」「真田小僧」「猫久」



立川談志ひとり会 落語CD全集 第21集「馬の田楽」「真田小僧」「猫久」

真田小僧が好きな演題でしたので
上手いけど、聞きやすい
三代目三遊亭金馬が
好きと言ったら怒られるのだろうか?


2014年1月22日水曜日

本屋さんで待ち合わせ 三浦 しをん



本屋さんで待ち合わせ

短い書評+エッセイ
面白そうな文章、本の付箋を貼りながら読み進める。
  • 欧米には実験慰霊碑のようなものは存在しない。
  • 団地にいるのは、いまや老人とうだつの上がらい中年ばかりだ。
  • 文にはおのおの前後がありますが心のひだに引っかかる。
    20代の前半製薬会社にいた事、うだつの上がらない中年、当事者

    江戸の下半身事情 (祥伝社新書)
    サンカとともに 大地に生きる

    2014年1月17日金曜日

    立花隆の書棚



    立花隆の書棚

    本の内容、レビューはアマゾンが参考になります。
    良い本は良い読者を引き寄せるのだろうか。
    メモ
    嘘が面白い P104
    ...こういう本は怪しいものほど楽しめます。嘘が面白い(笑)。
    ...
    ...ですから、嘘とも本当とも言い切れない微妙な状況というのは、この世界で案外あると言うことです。

    1968 共産主義者同盟 雑誌 情況

    2014年1月11日土曜日

    落語まんが寄席 落語の名作20演目を4コマリズムの漫画で知る、笑う、楽しむ



    落語まんが寄席―落語の名作20演目を4コマリズムの漫画で知る、笑う、楽しむ

    これは楽しい面白くて読み返して読んでいました。
    定番で、どこかで聞いた懐かし噺の数かづ
    ちなみに
    この本を読みながら



    時そば・まんじゅうこわい~親子できこう 子ども落語集 二~

    時そば
    真田小僧
    まんじゅうこわい
    狸  試聴する  
    子はかすがい

    面白いですよ。
    繰り返し聞いてしまいました。


    2014年1月2日木曜日

    私の本棚 潮社編

    本への情熱が伝わって来ますが
    時々、自分とは違うなと思う人もちらほら
    すべて良いいなんてあるわけないので
    私は引越し度に本が少なくなります。
    何を処分し、何を残すかが、毎回の泣かせどころ
    しかし、今は自身の終末に向かって何を残し
    何を処分するかの自身の時期に入っているのでは
    正月早々、これと言ってテレビも見るものもなく
    1冊、読み終わる。 今年も古い名画の放送もなくテレビがつまらないね。



    私の本棚