2009年4月20日月曜日

下頭橋異聞


下頭橋異聞

小さい頃は、六地蔵、下頭橋を渡り
近くにある駄菓子屋で駄菓子を買うのが楽しかった
優しいおばちゃんがいた。
今でも店の中を思い浮かべる事ができる。
六地蔵の物語は小さい頃から聴いていた。
大きくなった私は郷土史を読むのが好きだ
図書館にはたくさんの郷土史がおかれ
手軽に読むことができる。
古い地図や城跡(館)があった場所を比較したり
坂や川の地形を見ながらあれこれと考えるのも楽しい。

末尾の参考文献を見ると
板橋について3冊が書かれている
「板橋ものがたり」
「いたばしの街道めぐり」
「板橋史談」

他にも多数の文壇があるも上板橋宿についての
文壇が少ない気がする?
とは言え、小さい頃から親しんでいるものが
取り上げられているのは興味がわく


聚海書林
個人的にだがこの本が一番、読んでいて参考に成った
街道沿いの地蔵、塚、碑にも書かれている。

0 件のコメント:

コメントを投稿