2008年12月9日火曜日

山月記、李陵 中島敦

近所のブックオフをのぞく
東京的日常 関川夏央、山口文憲(ちくま文庫)
105円で見つけるも程度?シールがべとべとを貼られ
引く、ちくま文庫はシールを剥がすと色落ちして好きでないものの
読みたい本なら105円なら買うのが...
パラパラと拾い読みをしてみるとアマゾンのレビュー記事を思い出す。
アマゾンのレヴューに納得する。
読まずに判断してはと思うもののまたの機会を。

山月記・李陵 他九篇 (岩波文庫)

中島敦


山月記:中島敦(岩波文庫)
教科書に掲載され好きになり。
当時は新潮文庫、旺文社で読みました。
今回の引越しで、どこに行ったか...

「山月記」は10ページ程度の短編です。
授業の時に浪々と朗読する。
先生の姿をしばし思い出す。
思い出の短編と成る。
この先生は朗読が上手かった。

0 件のコメント:

コメントを投稿