2014年5月13日火曜日

六代目柳家小さん 一席二噺 1巻 「二割五分」 時そば+うどん屋



小さん一席二噺 第一巻「二割五分」

ひとり千一夜
何てったて、枕が面白い。
それに聴きやすい。
あっしには古くからある。
落語の方が楽しい分かりやすいからだろう。
どうも、落ちを一呼吸、おいて
ああ、そうかて思うのは単純なものが好きで
落語をかじったあっしには楽しい。
でも、2巻が気になるところ。

0 件のコメント:

コメントを投稿