2013年2月1日金曜日

「敵討」 吉村 昭



敵討 (新潮文庫)

図書館で借りた。「敵討」を読み終える。
字が大きいので単行本で借りましたが
なぜか、文庫本にある解説が読んで見たく成ります。
次回、図書館で解説だけ読もう。

内容は2編 「敵討」「最後の仇討」
ともに敵討ものであるが時代背景が江戸末期、明治初期と変わり
政変が敵討にも色濃く反映され
心情が身に染みる。

「最後の仇討」はテレビドラマ「遺恨あり?明治十三年最後の仇討」
として放送される。
主演の藤原竜也が主人公臼井六郎を好演し
原作も読んで見たいと思いつつ
図書館の棚に「敵討」発見
心情は全く違うも仇にあった如くにか
一気に読み終える。

今回、単行本を借りたのですが
その後、読書用にメガネを作りましたが
これが、すこぶるよく
早く、作ればよかったと
新しいメガネが功をそうし
一気に読み終えることができる。

0 件のコメント:

コメントを投稿