2009年10月31日土曜日

黒沢明、宮崎駿、北野武 日本の三人の演出家

ブックオフへ
黒沢明、宮崎駿、北野武 日本の三人の演出家を見つける
どうするか?
読みたいのは黒澤明のところ(約100ページ)迷う
携帯を取り出しアマゾンを検索
中古、古本価格、1円
1円と分かると悩む、一度、棚に本を戻すも
やはり、気になり手にもつ
また、もう、一冊(上下巻)を序に検索
すると上巻、63円と
買いたい本は安いのばかりだなと思いつつ
レジで清算

2009年10月17日土曜日

携帯電話で検索

はじめてブックオフで
携帯を使いアマゾンで検索
便利です。
2冊検索して480円、465円
買うか迷う、片方、カバーなし
カバーない方が欲しかったのですが止める
また、一方は新しいバージョンがでていました。
これは便利

2009年10月14日水曜日

地元古本巡り

地元は古本巡りは
チェーン店ばかりになり
つまらなくなっています。
とは言え、そこに古本と名の付く本があれば気になるのが
古本好き

『ブックマート』 何もなし、窓からの駅のホームを見ながら
この店は以前、なんだったか考える薄っすらしか思い出せない。
『ブックアイランド』 何もなし、漫画、ゲーム関係ばかりで
まったく興味がない本ばかりある感じです。
『中古ビデオ屋』 レンタル上がりのビデオを眺める
探しているものない。
結局、何も買うものがない。
商店街で買い物をしブックオフによる。
なんや、かんや、言いながら
地元では一番、品揃えがいい。
食玩本を1冊、買い、ただ今、懐かしく眺めています。

てのひら玩具図鑑 平成版 食玩&カプセルトイの世界

2009年10月10日土曜日

要町ブックオフ

久しぶりに
要町ブックオフ」へ
一通り棚を眺めましたが
探している作家の本はなく
誌を1冊、購入する。

2009年10月4日日曜日

「グロテスク支那」 長永義正著

「グロテスク支那」 長永義正著
萬里閣書房 昭和5年

グロテスク支那














人肉の話、部位による値段、人肉摘発など
昔の本は、恐ろしい。

2009年10月3日土曜日

「書物」 雑誌




月刊書物趣味集志 「書物」 12月 昭和8年 三笠書
表紙 木下杢太郎  木版刻摺 岩田泰治
1600部印刷のうちの限定300部...
表紙の「ねこ」がよく、手に取り
本の整理も30分で終了、紐、はさみを忘れて行き
家に取りに戻るのも面倒、数秒なんだけど
トイレも行きたいしで家に戻る。

落ち着いたところでビニール手袋をし
軽く外でほこりを払い、ほこりが手につかない程度に綺麗にしていくも
やはり、ページをめくるとほこりっぽい。
しかし、内容がいい、百間や堀口大学などが寄稿している

読書家の領域 古書探求
などなど、趣味に関する本という物は
何時の時代も楽しいものです。

2009年10月2日金曜日

古書の整理

古書の整理をしていました。

書庫














ほこりがひどく、まいりました。
1時間半ほどで持ち越し
少し、少し、分類整理しますが
和本、版画、戦中資料、満州、朝鮮、中国、チベットなど
分類しては袋に入れて行きます。

書庫











アマゾンで検索するも
半分くらい登録がない